2011年7月4日月曜日

【書評】実用Common Lisp

実用Common Lisp では、人工知能(AI)、コンピュータプログラミング技術、Common Lispを扱っている。原題はParadigms of Artificial Intelligence Programming : Case Studies in Common Lisp。

「第7章 STUDENT:代数の文章題を解く」
代数の文章題を解く。方法は、文章題を代数の数式に変換してそれを解くというもの。自然言語(英語)と数式の翻訳表をプログラムとして持つ。

「第8章 記号計算:簡単化プログラム」
Common Lispの数式処理システムであるMaximaのサブセットを作る。

「第9章 効率性の問題」
高速化の手法の1つとしてコンパイルをとりあげる。宣言的に記述された問題を、マクロを使ってコンパイル時にLispコードに変換する。

こういうのを「知能」だと見なしていた時代があったんだなぁ。

Lispは人工知能の分野で使われるというが、その理由が腹落ちした。この本によると、解き方が不明な問題に対するアプローチとしては、問題をそのまま宣言的に記述しそれをプログラムコードに変換するプログラムを書くのが適切であるという。そのような問題を扱う代表例がAIだった。そして、宣言的に記述された問題をプログラムコードに変換するのにLisp(のマクロ)が向いていたということだった。

1 件のコメント:

和気正幸 さんのコメント...

突然のコメント、失礼いたします。はじめまして。
書評でつながる読書コミュニティ「本が好き!」を運営しております、和氣と申します。

貴ブログを拝読し、ぜひ本が好き!にもレビューをご投稿いただきたく、コメントさせていただきました。

本が好き!:http://www.honzuki.jp/

こちらのサイトでは、選ばれたレビューアの方が本をもらえるようになる「献本サービス」を行っています。

1.会員登録 
 こちらのフォームよりご登録ください。
 http://www.honzuki.jp/user/user_entry/add.html
2.書評投稿
 書籍を検索し【書評を書く】ボタンよりご投稿ください。
3.ご報告
 貴ブログ名をご記載の上、こちらのフォームよりご報告ください。
 http://www.honzuki.jp/about/inquiries/user/add.html

名前の通り「本好き」の方がたくさん集まって、活発にレビューを投稿して交流をされているサイトですので、よろしければぜひ一度ご訪問いただけましたら幸いです。

よろしくお願いいたします。